« ブンポウ その2 | トップページ | いきなり夏 »

2012年6月27日 (水)

くまに会いたい

Bear_2
最近、クマが見たくて時々探しに行ってます。

Bear_3
ツキノワグマの目撃情報を調べて、出そうな場所へ出そうな時間帯を狙って行くのですが、
やっぱりなかなか難しくて成果はさっぱり。

Bear_4
薄暗い道を歩いていると、動くものが!と思ったら犬。
よし、どこの犬かは知らないが、こいつを仲間にして一緒にクマを探しに行こう。。


Bear_5
スタスタスタ

必死で口笛吹いて気を引こうとしましたが、全く相手にしてもらえませんでした(笑)

Bear_6a
これはまた別の日なのですが、クマが見たいのになぜか犬ばっかり見つけてしまう。

おそらくクマの出る地域ではクマよけのために積極的に犬を放してるのかもしれません。

Bear_6
この犬はけっこう相手してくれました^^


Bear_7

Bear_8
クマが見れないのでしょうがなく撮ったモリアオガエル。気軽に見れる天然記念物。

情報によると、ツキノワグマは日本のほ乳類の中でもモモンガに次いで出会うのが難しい
生き物とされてるらしいです。まあ見れたら幸運、ってぐらいのつもりでもう少し続けてみます。。

Bear_9





|

« ブンポウ その2 | トップページ | いきなり夏 »

コメント

ツキノイワグマに 会えたらいいですね♪

私は、結局、kakiiroさんをまねて 京大のツキノワグマに会える森のを散策しようとしたのに

かやぶき屋根の里へ行く途中 森の入り口を通過しただけで、、、。

誰一人同行してくれないまま、、、一人で行く勇気はなく

ガイドさんと二人というのも???

その上、あこがれのかやぶき屋根の里に泊まったつもりが 間違えてログハウス?ふうの民宿?に泊まってしまい

結局、未だにツキノワグマにもかやぶき屋根の民宿にも宿泊できないままです。

でも、kakiiroさんは、合いたい動物には何となく出会えそうです。そんな気がします。

あっそうそう、先日家の近くで 3匹別々にバンビを見ました。

雉にも合いました。

犬は、心強いですね♪大型犬が多いのかな?

投稿: 日奈子 | 2012年6月27日 (水) 13時07分

kakiiroさん、こんにちは


熊・・・確かに、なかなか逢えませんねぇ^^;

基本、野生の熊は

風下に居て

人間の匂いがすると、遠くに離れて

人間を避けるらしいですから^^;

投稿: 高兄 | 2012年6月27日 (水) 18時03分

日菜子さん
えー!こちらに来られてたんですか。誘ってくれればよかったのに^^;

>ガイドさんと二人というのも???
たしかに(笑)あそこは一人で森に入った人が事故に遭われてから、一人で入っては
いけないというルールが出来たのですが、ちょっとめんどくさいですよね・・・

最近、そちらの方でももう居なくなったはずのクマを見たという人が相次いで
調査チームが組まれたらしいですね。人知れず森の奥で細々と生き残ってるクマが
いるかもしれない、なんてちょっと面白いですよね。自分も探しに行きたいです^^

投稿: kakiiro | 2012年6月28日 (木) 22時07分

高兄さん
大人のクマは警戒心が強くて見るのは本当に難しいみたいですね。
この時期はまだ親離れしたてで、おっちょこちょいな若いクマがよく人里近くに
現れたりするので、そういうのを狙ってるんですがそれでも難しそうです^^;

投稿: kakiiro | 2012年6月28日 (木) 22時10分

何度も書き込んで申し訳ありません。

そうそう、昨日はTVで九州で熊番組?コーナーをしていました。

kakiiroさんのことを思い出しながら見ていたら

今日は、伊根町の海にたつ漁師さんの家を紹介していました。

ここもkakiiroさんのこちらのブログで見せていただいた町?なんだかすごい!

布引の滝とセットでの放送でした。

花期やサザエを育てていたり、まるで家庭菜園?のような楽しそうなくらいぶりでした。。。。♪

余談ですが、高崎山でお母さん猿に死に別れた小猿がリラックマをお母さんに見立てて 甘えている様子なども放映されており、、、涙!でした。

寂しがっている姿ではないのですが、いじらしくて、、、しくしくしく

いじめられないようにリーダ-のそばにリラックマといることが多かったそうですが

(リーダーは、そう言う子を守るお猿さんがちゃんとリーダーになるんですね♪なんだかすごい!)

今は、その子もお母さんになり 元気に暮らしているというお話でした。

さて質問です。

リラックマは、今はどうしているでしょう???(笑)

投稿: 日奈子 | 2012年6月29日 (金) 09時45分

天然記念物。。。驚きます。

私はきっと 始めてみました♪

投稿: 日奈子 | 2012年6月29日 (金) 09時47分

リラックマは、、お母さんになってるってことはもう親離れしてるでしょうし、
親代わりだったリラックマは・・・放置されてボロボロになってるとか?
それではあまりに悲しい話ですよね^^;
せめて赤ちゃん猿のおもちゃになっててほしいです(笑)

モリアオガエルは地域にもよると思うのですが、京都滋賀あたりですと全然珍しく
ないです。繁殖期に池にいくと、泡で出来た卵塊が木の枝によくぶらさがってますよ。

投稿: kakiiro | 2012年6月30日 (土) 00時13分

泡で出来た卵塊。。。もしや?鎌倉の紫陽花寺で見た蛙のあぶくのことでしょうか?

確か、以前このお話ししましたね?

この蛙の仕事ですか?

答え ; リラックマは、ガラスケース?に納められ「子育てをしたぬいぐるみ」として解説付きで園内に展示され

今もお猿さんを見守っているのです。

しつこくて、、、汗!(*_ _)人ゴメンナサイ

投稿: | 2012年6月30日 (土) 01時35分

ご無沙汰してます^^
くま、、ですか?(笑)
子グマは見てみたいですが、、
大きいのは・・・。
気をつけて下さいね!!

白犬は見るからに目が人間を拒んでますね(笑)
この子達は飼い犬なんでしょうか。。
クマ避けになるのは助かりますが、
犠牲になったりするのはかわいそうなので
気をつけて欲しいです^^;

投稿: hanna | 2012年6月30日 (土) 22時00分

日菜子さん
そう、それモリアオガエルの仕業ですよ!

さすがに放置はないですよね^^;
高崎山は麓の道は車で通ったことあるのですが、またあっちのほう行く機会が
あったら登ってリラックマ見てきますね。

いえ全然。いくらでも書き込みして下さい^^

投稿: kakiiro | 2012年7月 1日 (日) 21時50分

hannaさん
くまなんですよ(笑)自分も大きいクマといきなりバッタリ、みたいな
会いかたはしたくないのですが、なぜか急に見てみたくなってしまって。。
事故のないよう気をつけながら探しにいってます。

白い犬はもう全然心を許してくない雰囲気でした(笑)
たぶん近くに家が一件あったので、そこの犬だと思うのですが、番犬として
近所をパトロールしてたんでしょうね。働く男の顔をしてました^^

投稿: kakiiro | 2012年7月 1日 (日) 21時53分

さて質問です!

心理テストです!

貴方は、道に迷いました。

左右には、森と林が広がっています。

貴方は、森と林どちらに向かいますか?

投稿: 日奈子 | 2012年7月 5日 (木) 20時26分

えらい唐突ですね(笑)
森と林、、、やっぱり林ですかね。
理由は林のほうが珍しいから。森ってどこにでもありますけど、
林ってめったになくないですか?
どうせ道が分からないなら珍しいほう行きます^^

投稿: kakiiro | 2012年7月 6日 (金) 23時27分

えへへ

診断結果 : 男性は「林」女性は「森」と答えるそうです。

それだけです。。。妹は、「森の熊さん」の歌があるので

森の方が怖くないし、熊さんにも会えて良いかな?と思いそう答えたのだとか┐(´д`)┌ヤレヤレ

私は、勿論「林」です。

抜けられそうだから、森はさらにひどく迷いそうだから、、。

kakiiroさんの林は珍しいに驚き!!!

森でないものは林と決めている私の方がおかしくて

私の近くは 森も林もなく 山があるだけかも???coldsweats01

kakiiroさんは、熊さんに会いたくて 「森」かな?と思っていました。smile

投稿: 日奈子 | 2012年7月 8日 (日) 21時26分

>男性は「林」女性は「森」と答えるそうです。

えー何でなんでしょうね。不思議です。
でも日菜子さんは森なんですよね。
文体から受ける印象はすごく女性っぽいですが、実はすごく男っぽいとか(笑)

よく考えると森と林の区別って曖昧ですよね。
自分の中では登り下りがあるのが森で、平べったいのが林っていう
イメージあります。盆地にいるので、山や森はすぐそこにありますが
林は滋賀県まで行かないと無いイメージがありますね。

投稿: kakiiro | 2012年7月10日 (火) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7042/45914170

この記事へのトラックバック一覧です: くまに会いたい:

« ブンポウ その2 | トップページ | いきなり夏 »