« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月16日 (水)

ブンポウ その2

Swarming2_01

先日の分蜂群捕獲の成功で興奮冷めやらぬなか、またまた金稜辺がやってくれました・・・

.

.

.

Swarming2_02

蜂の世話をしにふらっと朽木に行ってみると、またもや集まってます^^

今回は先日捕獲した群れがちゃんと定着してくれていればそれで良し、ってな軽いつもりで
朽木に赴いたのですが、まさかまた(笑)

Swarming2_03
お前達がそこまで金稜辺のことが好きとは・・・笑
ミツバチたちの金稜辺に対する愛を少し見くびっていました。

Swarming2_04
ちょうど師匠から電話があり、さっそく巣箱に入れる事になりました。
前回は師匠とふたりでの作業だったのですが今回ひとり。はたして上手くできるか・・・

Swarming2_05
ものの本にはよく、「分蜂群は刺さない」と書かれています。
たしかに普段に比べるととても温厚で素手でも扱えるほどですが、そこはやはり生き物、
しかもこれだけの数がいると例外もあって刺されることもあるというのは前回の時に体験済。

しかし、前回は気付かないうちになにか自分が無礼を働いてしまったのかもしれません。
今回さらに注意しながらそっと丁寧に移せば刺さないはず。ハチ性善説です。






手順は前回と同じ。蜂球の中から女王がいそうなところを狙ってそっとすくって巣箱に入れていくだけ。
今回は二回目で女王が入ったらしく、その後はどんどん自分から巣箱に入っていってくれました。



おおかたのハチが入ったので、ひとまず巣箱を離れて畑へ。
Swarming2_10
師匠からトマトとサツマイモに水をやっといてくれという指示があったのでトマトとサツマイモに
水やり。しかしトマトの苗は分かるのですが、どれがサツマイモなのかは自信なし。
勘で、たぶんこれであろうという植物(写真右)に水をやる。


巣箱にもどってみると、一度入ったはずのハチたちがまた金稜辺に集まっていたので、再び
すくっては入れの作業。しかしこの何気ない行動がとんでもない混乱を巻き起こすことになるとは。。

Swarming2_06
突然、働き蜂たちが殺し合いのケンカをはじめました。しかもそこらじゅうで・・・

どうやら同じ群れだと思って後から入れたハチは実は別の群れのハチだったらしく、それでこんな悲惨ことに・・・
ものすごい罪悪感。
ミツバチ、他の群れのハチには容赦なしです。

でもまあ前向きに考えれば、これは先に入れた群れがもうすで巣箱を自分たちのものと認識してるからこそ
他の群れを排除しようとするのであって、前向きに考えれば、先に入れた群れはもう定着する気満々と
いうことでもありますね。前向きに考えれば。

大事な事なので三回言いました。

Swarming2_11
その定着する気満々のやつら。


Swarming2_07
後から来た群れを見てると、中に一匹だけ雄蜂とも働き蜂とも違うオーラをまとったハチが。

Swarming2_08
もしやあなたは・・・女王さま? 

初めて見ました。女王バチです。
やはり畑に行ってるあいだに、別の群れの女王が金稜辺に寄ってきていたようです。
このあとしばらく様子を見ていましたが、この女王はいつのまにかどこかに飛んで居なくなりました。

Swarming2_09

そんな訳ですったもんだの一日でしたが、なんとかもうひと群れの確保に成功した感触ありです。

これで現在、朽木に置いてある巣箱は全て埋まって全部で7箱。
ミツバチは巣箱を増やした分だけ比例してハチミツが採れるという訳ではなく、巣箱を増やすことで
かえって一つ一つの群れが弱くなってしまい、採れる蜜の量が減ったり、逃亡しやすくなったり、
冬を越せない群れになってしまうこともあるそうです。

朽木を取り巻く環境がどれだけの数のハチを養えるのか、今年はそれを見極めるのに良い年になりそうです。






 


| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012年5月 9日 (水)

ブンポウ

Swarming_01

五月某日、大師匠より金稜辺(キンリョウヘン)という蘭の鉢植えをわけてもらえたとの
連絡が入ったので、さっそく朽木にセットしに行ってきました。



Swarming_02

これがその金稜辺。シンビジウムに近い花だそうです。


Swarming_03
実はこの金稜辺の花にはニホンミツバチを強く誘引する力があり、この五月の分蜂の時期に
置いておくとニホンミツバチがどんどん寄ってくるそうです。

永続的な養蜂をしようと思うとどうしても新たな分蜂群をキャッチするノウハウが必要に
なってくるので、我々もここらでその技術を習得して、1ステージ上に行ってやろうという魂胆です^^

花の房には一つ一つネットがかぶせてあり、ハチが大挙押し寄せても花は守られるように
なってます。

Swarming_04
最近、新たに仲間に加わったH氏が作った巣箱の横に金稜辺をセット。

これで分蜂したハチ達がこの花に集まり、横にある住み心地の良さそうな巣箱を発見し、
そしてそこを住処とする、、というのが理想的な流れ。
はたして上手くいくのか・・・・
,
,
,
,

そして数日後。
,
,
,

師匠からの緊急メールを受け取り、急いで朽木に駆けつけてみると・・・
,
,
,
支障か,
 


Swarming_05

分蜂です!

Swarming_06

2万匹はいるでしょうか。セットしてからわずか数日でこんなにも効果があるとは。。
金稜辺・・・おそろしい子・・・

Dscn5236
この蜂球のどこかに女王がいます。


Swarming_07
本当は自然に任せてハチたちに自分から巣箱に入ってもらうのが一番いいのでしばらく様子を
見ていたのですが、分蜂が終わって飛び立ってしまう時間が近づいても何の動きも無かったので
蜂球を人の手で巣箱に入れてしまう作戦に変更。

手で蜂球をすくって巣箱の中にどんどん入れていきます。
何度か作業を繰り返してるうちに、女王が巣箱に入ったのか、ある時点からは働き蜂たちが
自ら巣箱に入っていくようになりました。どうやら初めての分蜂群の捕獲は成功のようです^^

Swarming_08
おおかたのハチが移動した後もまだしつこく花の房に執着してるハチたちも巣箱に誘導。



Swarming_09
古い巣箱をチェックしていると、雄バチの部屋のキャップが落ちていました。この巣箱も分蜂したようです。



Swarming_10
水に濡れてしまった仲間の体をなめてキレイにする働き蜂。

それにしても金稜辺の効果はすごい。予想以上でした。
花を育てるセンスにはまったく自信が無いのですが、ランの知識があれば育てるのはそう
難しくないらしいので、ランの勉強もしてみようかな・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »