« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

おはよー!京都

Goodmorningkyoto_1

最近、三条京阪に朝からなにか頑張ってる若者がいるのですが、
今朝は仲間を引き連れてなにかをしていました。

Goodmorningkyoto_2
頭まで白いのが首謀者。

ノリノリである。


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年3月29日 (火)

秘伝書

Recipe

師匠の養蜂の師匠、つまり自分からすると大師匠に当たるかた直伝の巣箱の図面を授かり受ける。
かなりのハンドライティングな上、見たいテレビの放送時刻らしきものもメモされていてかなり味わい深い。

これはニホンミツバチの養蜂では一番ポピュラーな「重箱式」と呼ばれるタイプのものです。
本当は木の中心をくり抜いた渋いタイプの巣箱を作ってやろうと企んでいたのですが、それはまた後の
楽しみにとっておき、とりあえずはこの重箱式で初めてみることに。

この図面はいつか自分に弟子が出来たときのために大切に保管しておこう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年3月22日 (火)

畑デビュー

Farm_01

地震から一週間以上経ち、天気予報を見る感覚で放射線量をチェックすることにも
すっかり慣れてきた今日この頃。こんな時ですが、土と蜂と戯れてきました。

Farm_02
朝、師匠に迎えに来てもらい、畑のある集落を目指して鯖街道を北上する。

写真は大原を越え、花折峠を越え、ちょうど目的地である朽木(くつき)という地域に入ったあたり。
ここ最近、京都市内は春めいた日が続いていたのですが、この辺りはまだどっぷり冬でした。


Farm_003
目的地に到着。朽木のほぼ中心地です。
とりあえず畑仕事をする前に朝市に寄って朝ご飯。

カレーパンとベーグル的なパンを頬張りながらぶらぶら市をひやかして回る。

Farm_04
(左)鯖のへしこ。 (右)きな粉と黒蜜のかかったお餅。

この朽木は京都から福井県の若狭湾に抜ける鯖街道のちょうど中間あたりに広がる
地域で、京都市内から車で1時間ほどで行けるアクセスの良さからこの辺りに週末用の
家を建てたり、町から移り住んで来る人達も多い場所。かなり山の中なのですがなんと
なく風通しの良い雰囲気があります。(以前、記事にした山水人のエコ村もこの近くです)

朝市に並ぶものを見ても珍しい作物があったりして面白い。
田舎の道の駅などでは、こういった生産者が直販をしてる市をよくやってますが、
この朽木の朝市は規模こそ小さいものの、商品ラインアップがカラフルです。
焼きたての美味しいパンがあるというのもポイント高いですよね。


Farm_07
師匠の横にいるとガンガン試食できることに気付いたのでピッタリマーク。
写真左はずんだのあんを古代米の餅でくるんだ大福。

まだ試作品で売り物ではないとのことでしたが、試作段階にしてこの美味さ。
こっちのほうではずんだは珍しいし、古代米というのもなかなかキャッチー。
すごく美味しいし、この大福はそのうち有名になるような気がします。


Farm_06
その古代米を作ってる兄さん。

師匠いわく、この兄さんはこの辺りのホープらしい。
「百姓してるとだんだん固定観念に捕われてしまって・・・」と、“農業の理想と現実”的な
話をされてましたが、愚痴ってるという雰囲気ではなく、むしろ面白いことに挑戦してる
人に特有の活き活きとした何かを感じました。

Farm_05

朝ご飯を食べて、ひとまず荷物を置きに師匠の別荘へ。

Farm_08
別荘といえば暖炉!やっぱりあった(笑)

イメージではもっと山の中にぽつんと建ってるのかと思ってましたが、意外と集落のど真ん中でした^^;

Farm_09_2
そして師匠が全部自分で作ったというお風呂。
これはすごい!もう五郎さん(田中邦衛)越えてますね。ちょっとした温泉宿のレベルです。

Farm_10
酒枡まで(笑)

そして今後一人で来た時のためにガスの元栓の場所や物の置き場所などを教えてもらって畑へ。

Farm_11

蜂のほうはこの時期は特にやる事無し。巣箱の底にたまったゴミを掃除してやるくらい。
戸を開けると門番バチが怒ってブンブン飛び回ってました。この時期は寒くて外に遊びに
いけないので、蜂もストレスが溜まっていて怒りっぽくなってるらしい。

Farm_12

そして畑。

一週間前に石灰を撒いてpHを中和した土に肥料(乾燥鶏ふん)を混ぜて土作り。

まだリバビリ中の身ですが、ホンダの小さい耕耘機の力を借りて耕しまくる。
頭の中ではホンダの耕耘機のCMの曲が流れまくりです。

Farm_13

ノリノリで土を耕したら今度は畦(うね)作り。
エジプト考古学のマニアでもある師匠は「ピラミッドのように美しく!」などと言って
ましたが、これが意外と難しい。幅も高さも不揃いな畦を大量生産してしまいました。
たぶんまだ耕耘機と一体になれてないのが敗因ですね^^;

左下の丸枠は師匠の師匠にあたる大師匠さま。
ダッシュ村で言うところのアキオさんです。

大師匠はよく様子を見に来きてはアドバイスをしてくれるそうで、この時もしばらく作業を
眺めたあと、「なんでも聞いて色々教えてもらうんやで」と、プロの貫禄を漂わせながら
どこかへ消えていかれました。 こんど何か分からないことが出てきたら聞きにいこう。

Farm_14

マルチと呼ばれるシートで畦をカバーし、持って来た下仁田ネギとエンドウ豆の苗を
植えると雨が降ってきたので、この日はこれで終了。実質3時間ほどしか作業しません
でしたが、師匠もいつもこれくらいのペースでぼちぼちやってるらしい。

Farm_15
用水路で長靴を洗って帰り支度。

朽木はキャンプ場やスキー場もあるレジャー地でもあるので、個人的にも親しみのある場所。
ここがしばらく自分の遊び場になります。

せっかくこういう展開になったので、宮沢賢治みたいにこの土地にかっこいいニックネーム
をつけて勝手に一人でどんどん盛り上がってやろうかとも思いましたが、この非常事に
三十代の男がそんな夢見がちな行為をすると「とうとう放射能の不安に耐えきれずに現実
逃避しやがった」とも思われかねないので止めておくことに。

ここに来れるのはたぶん月に数回だと思うのですが、ずっとやってみたかったことがやっと
始まった感じ。これからしばらくこの畑と養蜂のシリーズは続くと思います。


 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年3月12日 (土)

そこにある日常

R0010556

さすがに今日は街全体がなんとなく暗い感じがしました。
いつも通りお店はやってるし、観光客も歩いてる。
一見、通常営業してるかのようですが、何かがちょっと違う感じ。

最近、三条京阪でパフォーマンスをしてる子も今朝はいませんでした。
朝っぱらからパンダとか見ると愉快になるので好きだったんですが。
救急車のサイレンの音もなぜかいつもより不吉に聞こえます。

TVを見てると、伝わってくる被害の大きさにいてもたってもいられないような気持ちに
なると同時に、蚊帳の外にいるような無力感が合わさってどうも落ち着かない。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月 8日 (火)

弟子入り

Honeybee_1_2

養蜂。それは男のロマン。

長いあいだ「養蜂やりたいわー」と周囲に言い続けてきたのですが、
なかなか同志が集まらず、実現するにところまでいかなかったのですが、先日ふとした人の繋がりで
養蜂をしてる方と知り合うことができ、養蜂を教えてもらえることになりました。

これまで誰の共感も得ることもできないまま、しつこめにやりたいやりたい言い続けてきたのですが、
やっとパイプがつながった。思えば孤独な戦いでした。。

弟子入りと言っても本職の養蜂家のもとでフルタイム働くというわけではなく、
師匠も休みの日だけ山の中にある別宅に行って畑とハチの世話をして過ごすというアマチュア養蜂家。
時々自分の代わりに野菜やハチの世話をしに行ってくれる人間を探してたとこらしく、養蜂に興味がある
ことを伝えると、大喜びで一緒にやろうと誘ってくださいました。

ものごと上手く行く時はこんなもんなんですね・・・。

Honeybee_2_2
写真は2006年に撮ったものです。

Honeybee_3_2
新しい事が始まる春。とりあえず今年は養蜂のイロハを吸収しまくりたいと思います。
.

.

【3月9日追記】
今気付いたんですが、この投稿をした3月8日は、なんとミツバチの日なんだそうです。
なんたる偶然!これは運命的なものを感じざるえない・・・(笑)

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年3月 4日 (金)

福井

Snow_ipponbashi
夜明け前。寝癖をつけたまま運動をする格好に着替えて表に出てみると、外は真冬でした。。
世間ではもう春の花が咲いたとか、虫が起き始めるとか言ってるのに・・・

しかしむしろこれはチャンス。
近頃の春のような陽気にボンヤリしてるうちに季節外れになってしまい、
投稿を躊躇っていた雪景色の写真をこのどさくさにまぎれてup。


少し前に北のほうへ出かけた時の写真です。

Fukui_01
風花舞うなか、一路北へ。

Fukui_03
午前中にあった用事を済ますと暇になったので、特になんの目的も無いまま
ただ雪景色を眺めつつ福井方面へ向かっていると、どこかで見た事ある建物が・・・

Fukui_11
バイキンマンのアジト発見です。あれ福井だったんですね・・・

Fukui_07
暇だったので内部に潜入してみました。なかなかの眺め。



Fukui_08
広い敷地内を歩いていると、他にも建物が。
人の気配はまったく無いのですが、玄関に「靴をぬいでお上がり下さい」と書いてあったので
靴をぬいで上がってみることに。

Fukui_09
あとで会った職員らしき人に聞いてみると、ここはバイキンマンのアジトではなく、
福井グリーンパークといって、誰でも利用できる公園なんだそうです。

誰でも利用できるといっても殆ど利用してる人の姿はなく、たまに犬の散歩をしてる人の姿を
みるくらい。雪のせいもあるのかもしれませんが、こんなに良い公園をほぼ独り占めの状態でした。

Fukui_10
これはぜいたく。

Fukui_14
この日は午後から行動開始したせいもあり、あっというまに日が暮れてしまいましたが、
さすが生活満足度トップの県。その実力を垣間見た気がします。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »