« temariさんからのバトン | トップページ | 激写!ラブクローバー号 »

2006年2月12日 (日)

冬と春

Hanana_0_1
琵琶湖のほとり、菜の花が満開でした。
もう春が来たのかと思いきや、この菜の花はカンザキハナナという早咲きの種だそうで、ここでは咲き誇る菜の花と雪を冠った山が同時に見る事ができます。この日は天気が良くて暖かく、カメラ片手にぶらぶらするには最高の日でした。
その他の写真(9) >>アルバム:寒咲き花菜

|

« temariさんからのバトン | トップページ | 激写!ラブクローバー号 »

コメント

゚+.(ノ。・ω・)ノ*.オオォォ☆゚・:*☆綺麗やぁ。。。
凄い綺麗~菜の花。゚+.Σd(・∀・)゚+.゚イイ!!
ユリカモメに関しては
今や横に並ぶ人がいないのでは?www
.+:。(o・ω・人)゚.+:。

いいなぁ。。。マクロや広角があって。。。
私なんてそのどれも撮れないし。。。。゚(゚ノД`゚)゚。

一昨日、撮影中に「カードエラー」が表示され続け
突如、カメラが撮影不能に。。。(-_-;
取り説を読むと。。XDピクチャーカードの接触面が汚れている
or 壊れている or フォーマットが異常。。。と来て
カメラが故障している (((゜д゜;))))
15日から三朝温泉に行くのにぃ~どうしよぉ。。。(@_@;)

ピクチャーカードを拭いたり電池を替えたりしたけど
相変わらず「カードエラー」の表示が。。。(>_<。)
もう駄目かと「価格.com」でfinepix F11を検索して
買おうとしたのだけど思い直してピクチャーカードを
フォーマットしたら何と撮影可能に!!ヽ(*´∀`*)ノ
もう少しでF11を買うとこだった。。。°。゜(# ̄ ▽. ̄#)

投稿: dhar | 2006年2月13日 (月) 23時06分

>dharさん
おしい!F11買ってしまえばよかったのにw
でも、その症状、前に僕が使ってファインピクスもまったく同じでしたよ。使うぶんには大して支障がなかったからずっとだましだまし使ってましたが^^

三朝温泉・・・また僕を置いて行くんですね(-_-)
ま、お土産に沢山写真撮って来てくれればいいですが。

投稿: o_6 | 2006年2月13日 (月) 23時29分

綺麗で不思議で贅沢な一枚ですね~♪
菜の花には思い入れが強いので
大層嬉しいです。
みんなは嫌がりますが菜の花の香りも大好きです。
たくさん香ったことでしょうね。
綺麗なお写真をいつもありがとうございます。

6回も骨折なさってたのね。(^^;)
それでもなおバイクと仲良しの方から
ユリカモメを怖くないと話されても・・・(^^;)

投稿: てまり | 2006年2月14日 (火) 23時40分

>てまりさん
今までは菜の花とかを見てもおひたしの事ぐらいしか
思い浮かばなかったのですが、どなたかの影響で
花の事も少し見るようになりましたよ。
この日は風が少しあったせいか、菜の花の香りは
あまり分からなかったですね。
ユリカモメ、、うーん、全然こわくないんですけどねぇ・・

投稿: o_6 | 2006年2月15日 (水) 01時45分

σ(゚・゚*)ンート・・・こんなに綺麗なお写真の風景の中にいらして
お花にお顔を近づけたり
香りを楽しんだり
お花畑に埋もれてみたり
お花に隠れてみたりしなかったの?ヾ(- -;)
お花と遊ぶというか戯れなかったの?

風邪に関係なく菜の花は大変香ると思いますが
┐(-。ー;)┌ヤレヤレ
俳句か短歌を詠まれたらいかがでしょう?(^^;)

投稿: 手毬 | 2006年2月15日 (水) 12時15分

>手鞠さん
接写するのにけっこう近寄ったり触ったりも
したんですけどね・・・鼻が詰まってたのかも。

投稿: o_6 | 2006年2月16日 (木) 00時04分

清楚な感じが綺麗ですね。
青と黄色のコントラストが何ともいえないです。

投稿: aki | 2006年4月18日 (火) 22時20分

頂(いただき)に雪の残れる山里に春来たるらし菜の花の咲く

雪残る山のふもとに咲き渡る黄の菜の花に光溢るる

     (裾野に)


雪残る山のふもとの畑一面菜の花咲きて里は明るし 

投稿: なな | 2006年4月19日 (水) 16時28分

>akiさん
この風景は有名みたいで、この時も
アマチュアのカメラマンがいっぱい来てましたよ^^

>ななさん
本当上手ですよね。
自分も一つ作ってみようと考えてみましたが、
こういうの考えてる時って楽しいですね^^

投稿: o_6 | 2006年4月19日 (水) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7042/701802

この記事へのトラックバック一覧です: 冬と春:

« temariさんからのバトン | トップページ | 激写!ラブクローバー号 »